姫路駅前広場及び大手前通り

Hyuga-shi Station
Hyuga-shi Station
Hyuga-shi Station
Hyuga-shi Station
Hyuga-shi Station
Hyuga-shi Station
2015 グッドデザイン特別賞/地域づくりデザイン賞 「駅前広場と道路 姫路駅北駅前広場および大手前通り」
2017 まちなか広場 大賞/姫路駅北にぎわい交流広場

世界遺産・姫路城をアイストップとする大手前通り及び駅前広場の基本・実施設計。交通広場を 駅前広場の正面から外し、駅前広場は地下街に連動するサンクンガーデン(キャッスルガーデン)を擁して、地上部の広場と一体でデザイン。サンクンガーデンには小豆島産の御影石を多用し、カスケードとせせらぎが流れ、姫路市産杉材を用いたボードデッキのテラスを中心とする素材感 豊かで開放的な空間構成となっている。

駅舎前には鋼製の眺望ゲート(キャッスルビュー)が設けられ、姫路城を視覚的に生け捕りにする。 そのゲート側面から伸びるペデストリアン・デッキは、ストラット構造を用いた軽快な異形断面 で、木製ルーバー付きのシェルターが快適性を確保する。

デザイン総指揮・小林正美/明治大学、ストリートファニチュア・南雲勝志、設計協力・渡邉篤志。

2011 年度は日建設計シビルと協働(設計監修)

2015 年度より大手前通りの延長部として、姫路城までの区間についてデザイン検討が継続。実 施設計は日建設計シビルで、デザイン監修者として南雲勝志と協働でサポート。